作業員

被害を知っておく

住宅被害を受ける

修繕

雨漏りの被害を最も受けるのは住宅で、築年数が長ければ長い程その被害も大きくなると言われています。住宅は、豪雨や台風のみならず毎日強い日差しや強風、雪などの自然現象から室内環境を守っています。その為、住宅を建てたその日から劣化はスタートしているのです。特に鉄筋コンクリート製の住宅の場合、雨漏りが発生すると鉄骨にサビが出てくるうえ、そのサビが雨水で溶け出すことによって、壁や天井などにシミを付けてしまいます。また、鉄骨にサビが入ると一気に腐食が進み、軽度の地震が発生しただけでも住宅が崩壊しやすくなってしまいます。雨漏り修理をする時には、雨漏りが発生している場所のみならず、その他の場所もチェックする必要があります。侵食が進んでいる場合は、雨漏り修理のみならず住宅の壁や屋根裏全体を修繕しなければならない場合もあります。

人間にも影響がある

雨漏りが発生して影響を受けるのは住居だけでなく、そこに住む人も影響を受けます。
特にアレルギー体質の人は注意が必要です。雨漏りが発生すると、室内の湿度が一気に上昇しますが、湿度が上がったことによって発生するのがダニやシロアリ、カビです。これらが発生することによって、清潔な環境は一気に崩れ、アトピーや喘息などを招く可能性もあります。これらの被害を考えても、雨漏り修理はできるだけスピーディーに行なう必要があることが分かります。しかし、雨漏りはいつ発生するか事前に予測することはできません。できるだけ被害を防ぐ為にも、天気予報で台風や豪雨が訪れることを知ったら、しっかり対策をする、住居の定期メンテナンスをして快適な環境を維持することを心がけておくのも1つの方法です。また、雨漏り修理業者を事前に調べておくのも良いでしょう。急に雨漏りが発生した時でも、対応してくれる業者をあらかじめ決めておけば、急に慌てることもありません。