作業員

流れを理解しよう

問い合わせから見積もりまでの流れ

見積もり

急に雨漏りが発生した時でも慌てることが無いように、事前に雨漏り修理の申し込みの流れを理解しておくのが良いでしょう。適切な修理をしてくれる会社を見つけたのであれば、まずは問い合わせをします。問い合わせをした時に、雨漏り被害の現状や、分かるのであれば原因も伝えておくと良いでしょう。ここで伝えておくことによって、スムーズに修理まで進めることが可能になります。問い合わせをした後は、修理会社が調査訪問に訪れますが、この時には問い合わせの内容と照らし合わせながら雨漏りの状態を専門スタッフが確認します。その後調査結果を元にして雨漏り修理の見積もりを出してくれますが、この時にもらう見積書はしっかりチェックしておくのが良いでしょう。見積書の内容に納得したのであれば、実際に工事の日にちを決めて雨漏り修理工事が始まります。

実際に作業がスタートする

見積もりに納得して契約したのであれば実際に雨漏り修理工事に入りますが、工事をする時には依頼者は特にすることはありません。しかし、工事当日には修理による騒音が発生する場合もあるので、周囲に住む人には工事があることをあらかじめ伝えておくのが良いでしょう。雨漏り修理会社であれば、その道のプロが修理をしてくれるので安心して任せて大丈夫です。修理が終わった後は、修理箇所を確認した後に支払いという流れになります。どの修理会社でも、最後は一緒に立ち会って修理箇所をチェックするので、この時に不明点や不安な点があれば聞いておくのが良いでしょう。不明点を解決しておくことによって、後々のトラブルを防ぐことにも繋がります。